USTREAMのライブ配信ツール「PRODUCER(プロデューサー)」の使い方を解説します。

スポンサード リンク

PRODUCER(プロデューサ)の使い方

USTREAM PRODUCER とは、USTREAMから無料でダウンロードできるライブ配信用の、ストリーミングソフトウエアです。

 

USTREAMのコンソールからのグレードアップ版ともいえますね。

 

   ダウンロードはこちらからできます。

 

 

特徴は、次の通りです。

  • 音声・映像の簡単な操作
  • 音声ファイル、映像ファイルのブラウズ、ドラッグ&ドロップ
  • 録画の開始と停止
  • チャットルームもしくは、SocialStreamのポップアウト
  • スクリーンキャスト配信で、デスクトップを表示する
  • ステータスをアップデートして、Twitter、Facebook, myspace、AIMと連携
  • ピクチャー イン ピクチャーを使用して配信する。
  • 複数のトランジションを作成
  • iPhoneでの視聴用に最適化

 

 

USTREAM PRODUCERには、無償版とPRO($199)さらにSTUDIO($549)があります。
無償版とPRO、STUDIOの違いは次の通りとなっています。

 

 

無償版PROSTUDIO
1つのカメラによる配信
Ustreamにアーカイブを残す
スクリーンキャスト
HD配信
複数カメラ
HDVカメラのサポートオプション
タイトル、レイヤー、P-in-P
クロマキー
オーディオ同期調整
IPカメラのサポート

 

まずは、無償版を十分使いこなした上で、さらに必要な機能が有償版のPROやSTUDIOある場合には、有償版の価値があると思います。

 

特に、複数台のカメラをしようする場合やHDVの高画質を要求するときには、有償版(PRO・STUDIO)を選択すると良いですね。

 

 

このページのTOPに戻る

お問い合わせ



スポンサード リンク
PRODUCER(プロデューサー)の使い方の関連記事一覧
PRODUCER(プロデューサー)の使い方 全般編
ここでは、USTREAM PRODUCER無償版の使い方を説明していきます。USTREAM PRODUCERを起動すると、次のようなLOGIN画面が表示されますので、USTREAMに登録したユーザ名と...
PRODUCER(プロデューサー)の使い方 機能編
それでは、USTREAM PRODUCERのソフトウエア画面の下半分を説明していきます。上の画面の赤枠で囲ったところの設定です。左から、Live Input カメラの切替。 基本的には、使用できるカメ...